FC2ブログ

    2020/07

    12345678910111213141516171819202122232425262728293031

    2020/09

    3月2日(金)は入谷なってるハウス 8時から!

    先日久しぶりにオフだったので、家に一日いて録っていただいていたDVDや録音、最近の録音まで聴いたり見たりして過ごしました。
    自分のフォルムとかほんと好きくないから、動画とか写真はとても苦手なのですが、とてもよくわかりますねw。ともう古代ジンのように最近はなっていますが、やはりDialogueシリーズは私すきなんだなあ、、と思いました。笑

    私のスキナモノは、悉く、例えば洋服のブランドでもデザイナーさんでも東京からなくなっていくなーと思うこと多々あります。それもたった2、3年で。あと、普段のお店でもリクエスト曲の大半は私の苦手な曲が多いですw。もちろんアレンジ次第では好きになれたりもします。まじょりてぃに子供の頃から馴染めなかった私は、とても苦しい思春期を過ごして、全てのバランスを欠いたりもしてしまったけど、それは今でも密に続いてるんだなーと思う。端的に言うと昔から人の好きなものが殆ど嫌いなんですよね。でもアムロちゃんがテレビに出始めた頃は凄く好きだったなあーと思うと、全てのものには全てが内包されているのであって、、、、結局はリリースの仕方やセンスなんだなーと思ったりもします。(もちろん根拠は必要ですが(-“-)

    前置きが長くなりましたが、この曲は9章(10曲)からなっていて、全部演奏したら45分かかってしまう。音が全部決まっている章もあるんだけど、その時に思いついた音、例え無音でもなんでも良いというフリーの部分もあって、かなり演者を選んでしまうところもあるけど、将来、歌もピアノももっと上手くなった自分の姿をいいように思い描いて、想像する笑。で、どんどん形も変われるし、変わるしそれは私や共演者(または私でない演者)の時間や心の変化や技術の変化、、いろいろな時、シチュエーションの音や内面が出るような曲だなあとつくづく思っています。だから多分面白いんです!いや、もしかしたら自分の英語や歌やぴやのが下手くそというのが根底にはあってもっとうまくなりたいから、都合よくこんな曲を作ったのかもしれません!三年くらい前一発だけど録音もしていただいて、マスタリングまでしてもらったんだけど、私はもっとうまくなれる気がしているからなかなか出せません。苦笑)(このお姫様の落書きはマスタリングしていただいてる最中、エンジニアさんの背後で描いたものw)
    この曲の最後の章を作って、果たして誰が一緒に演奏してくれるんだろう、、と途方に暮れていた時に、私の耳にふと飛び込んできたのが河崎純さんの音でした。彼のソロを聴いて、あ、この人なら、自然体でこの曲の世界に寄り添ってくれるんじゃないかと、勝手な妄想や確信を抱いてしまったのです。ほんと迷惑な話。で、河崎さんノロノロしてるこんな私に仕方なく、ほぼたぶん諦めの境地で付き合ってくれてるんだけど、やはり私はこの曲が好きだから、一生、例え誰からも望まれなくても自分が望む限りピアノのある場所があったら演奏したいなーと思っています。で、もっともっと上手く表現できるようになりたい!で、私より全然素晴らしく演奏できる人もいるかもしれないけど、これは単に上手く演奏できたらそれが正解!というのでもないもののような気もしています。自分にとても都合よく作ってあります。

    3月2日は久しぶりに演奏します。この曲の2/3章くらい。全章も近々やりたいなあと思っています。


    20180302.png
    地図


    ●2018年3月2日(金)
    @入谷なってるハウス

    東京都台東区松が谷4-1-8 1F
    Tel;03-3847-2113
    http://www.geocities.jp/knuttelhousekappabashi/
    OPEN 19:30~/LIVE START 20:00~
    MUSIC CHARGE 2000yen DRINK 400yen~
    出演RIQUO(Vo,P) 河崎純(Wb)

    河崎純⇒http://blog.goo.ne.jp/jk50654396
    9月に大きなコンサートがあるみたい。チェックしてみてください(^^)/
    音楽詩劇研究所⇒http://musicpoeticdrama.com/about.html





    CM:0edit

    【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

    comment

    comment form

    管理者のみ閲覧可能
    123
    Profile&News

    riquo

    Author:riquo
    THE TWIN PIANOS
    RIQUO×阿部紀彦

    このまま夢を見続けていてもいいんだろうか?
    はてしなくナチュラルで原始的(プリミティブ)な幻想曲(ファンタジー)
    永遠なる普遍と不変
    あなたとわたし
    LifeそしてLiveとは?

    SSW RIQUO (リコ)とジャズピアニスト阿部紀彦による2台ピアノユニット THE TWIN PIANOS待望の1stアルバム
    全曲歌詞カード付(ラストソングは自筆譜掲載)

    収録曲
    01.三四半世紀の天(そら) (2018)
    02.Spring 春(2015)
    03.ジラフィーノ(2008)
    04.AINOKATACHI(2013)
    05.カッチーニのアヴェマリア(1970頃)
    written by Vladimir Vavilov(arr,riquo)
    06.Heart Break Rag(2017)
    written by N.ABE
    07.A ço アソ(2009)
    written by M.SHIBUYA/riquo
    08.The Meaning Of Love(2009)
    09.あなたの空へ(2016)
    10.Good Night(2004)
    11.現在(いま) 同じ場所(2015)

    All songs written by RIQUO(Except 05,06,07)
    Performed byTHE TWIN PIANOS
    RIQUO, Vocal&Piano
    Norihiko Abe,Piano
    Guest musician Moriyoshi Shibuya, Woodbass (02,07,08)


    規格番号:KUUM-0001
    流通・販売:メタ カンパニー
    発売日:2020年2月2日(全国発売)
    税抜価格:2500円



    【The Twin Pianos 🎄🌠 Christmas Live】
    ●2020年12月20日(日)
    @チェチリア工房
    神奈川県中郡大磯町国府新宿744-8
    TEL:0463-71-7611
    http://scn-net.easymyweb.jp/member/cecillia/default.asp
    OPEN 13:30~ LIVE 14:00~ charge:2500
    出演::RIQUO(Vo,P) 阿部紀彦(P)



    RIQUO(リコ) 
    作曲、ピアノ、ボーカル
    お便り、ご苦情、ご意見は、下記メールフォームまで。簡単に送信できます

    Latest report
    きょうのおことば
     

    presented by.悲観的なピエロ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    カテゴリー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RIQUO's YouTube Channel
    楽曲の試聴ができます!
    QR
    ブログ内検索