FC2ブログ

    2020/07

    12345678910111213141516171819202122232425262728293031

    2020/09

    ゼンシンゼンレイデアルトイウコト

    私はやはり表現者(=明確に、生きている間にそれを取り立ててしている人)にとても惹かれるんだと思う。

    今からもう10年以上は以前のことですが、フリーランスではあったものの、私も人並に仕事があり、余暇もあり、誘われたライブは全て行けるだけのお金と時間があった事が数年間ありました。多分その当時誘ってくれたジャズボーカルの女性や、バンドマン、知り合いのまた知り合いまで、みなさんのライブに、それこそ足繁く、週4、5回くらいの勢いで、様々な場所へと足を運んだものです。今から思えば私は今の私が思う神様のような存在?笑。偶然縁あって出逢った彼女たちのライブには、例えそれが1回逢っただけの方々も、アマチュアみたいな方からプロの方々まで行っていましたから。

    それまでどちらかというとクラシックのハコに行くことが多かったのもあり何とか会館とか、ホールしか知らなかったから、特にジャズのお店で数人入ったら満員みたいな、そんな新発見も楽しく今から思えば贅沢で楽しい思い出です。

    その頃は自分もライブがもっと上手に出来たらいいなとか、こんなカッコいいお店で出来たら最高だな、、というよからぬ余念⁈もあり、取り立ててその日のライブが良いか悪いかもそれ程気にならなかったのですが、最近は自分自身、演奏活動が主な毎日となると、全てにおいて余裕がない中で観るそれらや、人様方々の表現の印象は以前の私の感覚とは少し変わってきた感があるという些細な話です。

    で、やはりナンチャッテではツマラナイですね。(ゴメンなさい!)

    どんなに有名であろうと無名な方であろうとも、全身全霊で表現している人間の様は美しく尊い。

    多分普通の人間、例えば私などはなかなか余裕がある時期には気付かなかった事も恥ずかしながら多々ありで、特に余裕がないのがよいと申している訳ではないのですが、ギリギリ寸前、そんな時だからこそ何か、表現するにあたって大切な事を発見し易い事は確かにある気がここ数年凄くしています。それはイキルコトにも繋がる重要事項。

    先頃前々から憧れていた俳優さんの舞台を観劇し、楽屋で至近距離でその方を一瞬見た時に、なんだか見てはいけないものを見てしまったような後悔と、思わず彼女から目を逸らしてしまった!あまりの神々しさに目が眩んだのか?本当はガン見したかったんだけど。笑)

    世間で誰もが名前を知っているような有名な方、評価されている方々こそ、本当にその先が大変なんだと思ったりします。多分お金も名誉もある程度手に入れてしまった人こその苦悩と懊悩。そして未来。。。

    その方の全身全霊な様、表現は凛と美しく艶やかで逞しく淫らで。人間とかオンナを嫌という程感じたなあ。もともとが物凄い美人なんだけど、多分若い人にはないニンゲンのオンナの凄味、逞しさと美しさ、そして垣間見る弱さと儚さ(精神的にも肉体的にも)みたいな。

    、、、で、私は死ぬまで足元にも及ばないんだけど、なんだかこれからもちょっとファンでありたいな、少しでも追いつきたいなって思ってしまいました。まあ、そんなに熱心には追いかけられないけれど。家今テレビないし。汗、笑)

    で、やはり多少無理してでもなるべくいろいろな人の表現、映画観たり、音楽聴いたりしたいです。

    、、、などと思いました今日1日でありました。

    〜終〜



    CM:0edit

    【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

    comment

    comment form

    管理者のみ閲覧可能
    123
    Profile&News

    riquo

    Author:riquo
    THE TWIN PIANOS
    RIQUO×阿部紀彦

    このまま夢を見続けていてもいいんだろうか?
    はてしなくナチュラルで原始的(プリミティブ)な幻想曲(ファンタジー)
    永遠なる普遍と不変
    あなたとわたし
    LifeそしてLiveとは?

    SSW RIQUO (リコ)とジャズピアニスト阿部紀彦による2台ピアノユニット THE TWIN PIANOS待望の1stアルバム
    全曲歌詞カード付(ラストソングは自筆譜掲載)

    収録曲
    01.三四半世紀の天(そら) (2018)
    02.Spring 春(2015)
    03.ジラフィーノ(2008)
    04.AINOKATACHI(2013)
    05.カッチーニのアヴェマリア(1970頃)
    written by Vladimir Vavilov(arr,riquo)
    06.Heart Break Rag(2017)
    written by N.ABE
    07.A ço アソ(2009)
    written by M.SHIBUYA/riquo
    08.The Meaning Of Love(2009)
    09.あなたの空へ(2016)
    10.Good Night(2004)
    11.現在(いま) 同じ場所(2015)

    All songs written by RIQUO(Except 05,06,07)
    Performed byTHE TWIN PIANOS
    RIQUO, Vocal&Piano
    Norihiko Abe,Piano
    Guest musician Moriyoshi Shibuya, Woodbass (02,07,08)


    規格番号:KUUM-0001
    流通・販売:メタ カンパニー
    発売日:2020年2月2日(全国発売)
    税抜価格:2500円



    【The Twin Pianos 🎄🌠 Christmas Live】
    ●2020年12月20日(日)
    @チェチリア工房
    神奈川県中郡大磯町国府新宿744-8
    TEL:0463-71-7611
    http://scn-net.easymyweb.jp/member/cecillia/default.asp
    OPEN 13:30~ LIVE 14:00~ charge:2500
    出演::RIQUO(Vo,P) 阿部紀彦(P)



    RIQUO(リコ) 
    作曲、ピアノ、ボーカル
    お便り、ご苦情、ご意見は、下記メールフォームまで。簡単に送信できます

    Latest report
    きょうのおことば
     

    presented by.悲観的なピエロ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    カテゴリー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RIQUO's YouTube Channel
    楽曲の試聴ができます!
    QR
    ブログ内検索