FC2ブログ

    2020/07

    12345678910111213141516171819202122232425262728293031

    2020/09

    リ・コッセツノハナシデス

     6月1日の朝、人生初の骨折(2箇所!)をして1ヶ月と1週間。初めてのギプス生活は想像以上に大変でした。人の気持ちを察するとか、そういうことを日常考えて生きていなくもないけれど、そう言う割には図々しく生きているけれども、本当にその身、状況に自らがおかれることなくば、なかなか決して痛みとか辛さは特にわからないものだなと生きていてつくづく思います。
     とりあえず人並みに健康である事だけをいい事に、ここ10年ほどは金銭的(まず1番に。苦笑)、肉体的精神的にも不精で放漫、全くもって妄りに時を過ごしている感があります。とりあえず見えているのは明日の仕事先とかささやかな予定?2ヶ月先のライヴや予定や約束はなかなかどうしていつまでも、私には怖くて怖くてたまりません。そんな貧相で頼りない様は相変わらず。そんな中で思いついた事や出会った人、私を必要としてくれる稀有な人たち、私の大切な人たち、、とできる限り上手く関わりあってなるべく迷惑をかけないように生活していきたいと思ってはいるのだけれど、突如として状況が一変して健康という唯一の”切り札”が失われようとすると、なかなかどうして人の事もどんどん粗野で遠くなるし、自分の事でさえまるで融通が利かず、それこそ明日の想像もできなくて、その不甲斐無さ、みじめさったらたまったものではありませんでした。貯金とかそんな余裕なんてそもそもないから店も殆ど休めず、タクシーも頻繁には使えないから松葉杖で電車に乗るでしょ。意外だったのは、殆ど電車やバスの席というのは代わって貰えないということでした。折れて2、3週間というのは立っているだけでも吐き気とか眩暈とか痺れとか本当に辛いんだけれど、多分お化粧とか少ししていて血色もいいと元気に思われるのか?そんな時、足の痛みよりも世間様の視線や心を目の当たりにする痛みの方が遥かに大きく痛々しく、それはそれはみじめで辛い状況でした。特に優先席の前なんて本当、恐ろしくて立てません。誰が見ても老人になった時の自分の姿なんかもそんな時しみじみと想像してしまいましたよ。いや、全くそんな人ばかりではなかったけど、対外そんな風。
     でもそんな痛い話だけでもなく、お店では意外にみんな親切に接してくれたりして。特に骨折経験のある人はいろいろアドヴァイスもくれたり。特に印象的だったのは3年くらい通っていて今まで挨拶だけで、話なんてした事のなかったちょっと恐持ての偉い人が実はとても親切な人だったり。後はギプス用の格好悪い気ぐるみのような靴をいつも笑ってくれたりする女の子たちとかね。そんなことがあると、こちらとしても心がとても晴れたり。帰り送ってくれるお店とかの日数をこちらの都合で増やしてたら、その店の担当の人は、「先生、ずっとギプスしませんか?そしたらうちにいっぱい来てくれるでしょ」とかね。涙~泣けるぜ!感謝感謝!ありがとう、ありがとう~本当、支えられました。
     幸い左足だったので、ペダルを踏むにも特に支障はなく、殆ど休まずに働けたというのは今回不幸中の幸いでした。
     未だあまり歩いてはいけない指令は出てはいるけれど、殆ど普通に歩けます。ありがとう。みんな言うけれど、本当、何をするにも健康第一ですね!! 
     最後になりましたが、電車やバスで松葉杖の人がいたら席を代わってあげてください。治りかけでも結構立っているのかなり大変です。私も努めます!


    CM:0edit

    【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

    comment

    comment form

    管理者のみ閲覧可能
    123
    Profile&News

    riquo

    Author:riquo
    THE TWIN PIANOS
    RIQUO×阿部紀彦

    このまま夢を見続けていてもいいんだろうか?
    はてしなくナチュラルで原始的(プリミティブ)な幻想曲(ファンタジー)
    永遠なる普遍と不変
    あなたとわたし
    LifeそしてLiveとは?

    SSW RIQUO (リコ)とジャズピアニスト阿部紀彦による2台ピアノユニット THE TWIN PIANOS待望の1stアルバム
    全曲歌詞カード付(ラストソングは自筆譜掲載)

    収録曲
    01.三四半世紀の天(そら) (2018)
    02.Spring 春(2015)
    03.ジラフィーノ(2008)
    04.AINOKATACHI(2013)
    05.カッチーニのアヴェマリア(1970頃)
    written by Vladimir Vavilov(arr,riquo)
    06.Heart Break Rag(2017)
    written by N.ABE
    07.A ço アソ(2009)
    written by M.SHIBUYA/riquo
    08.The Meaning Of Love(2009)
    09.あなたの空へ(2016)
    10.Good Night(2004)
    11.現在(いま) 同じ場所(2015)

    All songs written by RIQUO(Except 05,06,07)
    Performed byTHE TWIN PIANOS
    RIQUO, Vocal&Piano
    Norihiko Abe,Piano
    Guest musician Moriyoshi Shibuya, Woodbass (02,07,08)


    規格番号:KUUM-0001
    流通・販売:メタ カンパニー
    発売日:2020年2月2日(全国発売)
    税抜価格:2500円



    【The Twin Pianos 🎄🌠 Christmas Live】
    ●2020年12月20日(日)
    @チェチリア工房
    神奈川県中郡大磯町国府新宿744-8
    TEL:0463-71-7611
    http://scn-net.easymyweb.jp/member/cecillia/default.asp
    OPEN 13:30~ LIVE 14:00~ charge:2500
    出演::RIQUO(Vo,P) 阿部紀彦(P)



    RIQUO(リコ) 
    作曲、ピアノ、ボーカル
    お便り、ご苦情、ご意見は、下記メールフォームまで。簡単に送信できます

    Latest report
    きょうのおことば
     

    presented by.悲観的なピエロ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    カテゴリー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RIQUO's YouTube Channel
    楽曲の試聴ができます!
    QR
    ブログ内検索