FC2ブログ

    2020/07

    12345678910111213141516171819202122232425262728293031

    2020/09

    ヒトリゴトノヨウナモノ

    今年は稀にみる「再会」の年でありました。
    小学校1年からの親友達の来京や、私が20代の頃勤めていた会社の同僚との再再会、その頃物凄くお世話になっていたジャーナリスト、その後に少し勤めた会社の先輩や同僚との忘年会が先日あったりと。これまたFBが関与してたりしていなかったりもするんだけれど、私は本名でやっていなかったりするから、私の事は誰も探せないんですけれどね、
    過去の人。。。しかしながら世間は狭い、よく言われますけれど、つまりのところはそれなりに年月を生きて世間様に顔をさらして生きていると全く違うところで知り合いが繋がっていたりを発見する、、という事がよくあります。
    全く関係のない人とは一生接点がないのですけれど。類は友、、とまではいかずとも、やはり感性の為せる術?何となく匂いや好きなものが同じ人間同士は同じ種類の大きな輪の中にいたりする。
    で、会社とか学校とかるつぼ的な場所や団体での他人対私、はまだ健全(社会的に)な感じがするんだけれど、音楽をやり始めて自分丸裸で生きているとそうはいかなくもなってくるなぁとか。物凄く感じます。もし私が会社務めとか一切経験がなくて、今みたいにな音楽バカにずっと生きていたならば、今のような微妙なバランスは間違いなく保ててはいないだろな、とか思います。ですからスタートは遅過ぎたけれど、会社勤めの経験もやぶさかでなかったとも思える。そんな中で数は少ないけれど私と共演してくれる人たちや、お客様は私にとっての大きなキーパーソンであり救いの神なのです。

    先週3年以上毎週行っていたレストランが来年から生演奏をいれなくするから、すいませんあと3週で終了です、と事務所の人から残念な連絡があったのですが、結構大きなレストラン(100人以上は入れる)で、お客様との距離も遠くて、リクエストがあってもウエイトレスさんがメモで渡してくる、みたいなところでした。3年間でたぶん常時3名様くらい?入れ替わりはあったけれど。ほぼ毎週同じ席ら辺に座って耳を傾けてくれているお客様が確かにいらして、名前もどこのどなたかもわからない。中にはお決まりのお好きな曲が1曲あったりして、そのお客様のお顔をキャッチしたら演奏するとか。こういうBGM演奏のお店で物を言わずとも、拍手と笑顔で続いた3年がなくなると思うと寂しいものです。これぞお客様と音楽家の健全なる会話であり関係じゃないかな、、なんて思ったり。(狭いところでライヴやったりすぐに連絡先をいただけたりする環境ではなかなかそうもいきません)お客様は私こそどこの誰なんだか、歳はいくつなのか、子どもや旦那がいるのか、なんて全くわからない。音だけで繋がれているのです。私の音が嫌になったり厭きたら私の日に来なきゃいいんだし。だからといって私も傷つかないし、お客様も気をつかわなくていい。
    だから、今私の名前を知って、正体を知って、私がどんな奴だかだいたいわかって来てくれているお客様や友人には本当に頭が上がりません。早く気を使わないで大丈夫ですよ、、といつか言ってみたいのです。笑)

    死んでしまったご縁もたくさんあるでしょうし。また復活もするご縁もあるだろうけれど、お墓を掘り起こすような気持ちになる事もあるから、なかなかどうして再会は嬉しくもあり悲しいのです。ああこの人と今日ここで会えたけれども、はたしてこれで最後かも、って思える瞬間もそこにあったりするからです。

    私はこれからもきっと待つ事しかできないんですけれどね。
    先日友人たちが可愛いお店をオープンしましたけれど、お店ほど私は大変じゃないけれど、気持ちがとてもよくわかるのです。私待つわ~♪ですよ。笑)
    ですから常に魅力的に奏でていなければなりませんね。そんな事を鑑みて来年はもっと意識的に丁寧に音楽生活を送りたいと思っています。

    【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

    comment

    ご無沙汰しております
    何から話せばばいいのか
    365/1
    その1日はかけがえのない
    大切な1日
    そんな世界が今日終わっても
    ぼくは明日がある別のセカイに
    いるよ^_^;

    wani|2013/12/28|edit
    Re: タイトルなし

    こちらこそ!ご無沙汰しています!
    あのwaniさんですねv-218

    そうですね、、、、
    みんなきっと実は別の世界ですね。
    世界というか宇宙はムゲンですね。

    またお目にかかれる日を楽しみにしています!

    riquo|2013/12/28|edit

    comment form

    管理者のみ閲覧可能
    123
    Profile&News

    riquo

    Author:riquo
    THE TWIN PIANOS
    RIQUO×阿部紀彦

    このまま夢を見続けていてもいいんだろうか?
    はてしなくナチュラルで原始的(プリミティブ)な幻想曲(ファンタジー)
    永遠なる普遍と不変
    あなたとわたし
    LifeそしてLiveとは?

    SSW RIQUO (リコ)とジャズピアニスト阿部紀彦による2台ピアノユニット THE TWIN PIANOS待望の1stアルバム
    全曲歌詞カード付(ラストソングは自筆譜掲載)

    収録曲
    01.三四半世紀の天(そら) (2018)
    02.Spring 春(2015)
    03.ジラフィーノ(2008)
    04.AINOKATACHI(2013)
    05.カッチーニのアヴェマリア(1970頃)
    written by Vladimir Vavilov(arr,riquo)
    06.Heart Break Rag(2017)
    written by N.ABE
    07.A ço アソ(2009)
    written by M.SHIBUYA/riquo
    08.The Meaning Of Love(2009)
    09.あなたの空へ(2016)
    10.Good Night(2004)
    11.現在(いま) 同じ場所(2015)

    All songs written by RIQUO(Except 05,06,07)
    Performed byTHE TWIN PIANOS
    RIQUO, Vocal&Piano
    Norihiko Abe,Piano
    Guest musician Moriyoshi Shibuya, Woodbass (02,07,08)


    規格番号:KUUM-0001
    流通・販売:メタ カンパニー
    発売日:2020年2月2日(全国発売)
    税抜価格:2500円



    【The Twin Pianos 🎄🌠 Christmas Live】
    ●2020年12月20日(日)
    @チェチリア工房
    神奈川県中郡大磯町国府新宿744-8
    TEL:0463-71-7611
    http://scn-net.easymyweb.jp/member/cecillia/default.asp
    OPEN 13:30~ LIVE 14:00~ charge:2500
    出演::RIQUO(Vo,P) 阿部紀彦(P)



    RIQUO(リコ) 
    作曲、ピアノ、ボーカル
    お便り、ご苦情、ご意見は、下記メールフォームまで。簡単に送信できます

    Latest report
    きょうのおことば
     

    presented by.悲観的なピエロ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    カテゴリー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RIQUO's YouTube Channel
    楽曲の試聴ができます!
    QR
    ブログ内検索