FC2ブログ

    2020/07

    12345678910111213141516171819202122232425262728293031

    2020/09

    kiki Sunday Music Barお越しくださいましたみなさま、ありがとうございました!

    日曜日@国分寺、いらしてくださりましたみなさま、
    ありがとうございました!

    ミュージシャン率がおそらく70%くらいだった?
    感もありましたが、セッションもみなさん
    ご参加くださり凄く嬉しかったです。

    そう。
    そもそもジャズを歌ってみないか、とある人に薦められて
    始めた頃、いわゆる「ジャムセッション」というものを知り、
    歌が上手くなりたかったから、週2日くらいは行っていた
    時期が1年間くらいあります。

    当時目黒に毎日セッションのお店があってそこに行ってたんですけど、
    まずそこに入るまでに2回、二重扉の2枚目が開けられず、
    わざわざ当時住んでいた阿佐が谷からわざわざ電車に乗ってき
    ているのというのに、断念して辿りつけなかった、、記憶が2回ほどあります。
    ドアから漏れて聴こえてくるぶりぶりのSAX音とか凄く怖くて。笑)

    みんな上手なのに私みたいな下手くそが混じったら、
    悪いだろうな、、とかそんな感じでとても入れなかった。

    で意を決して3度目の正直。二枚目のドアを開けてみた。
    そこからは意外に意外。
    「変わった歌ですね」と言いながらも、
    結構みんな話かけれてくれたりして、
    お友達もできたり、ライヴとかも誘ってくれたり。
    ・・・そんなことから私はジャズ?の世界に足を踏み入れたのです。

    でも当時は他に仕事もあり、本当に自分のためだけに音楽を
    やってしたし、歌も歌っていたという意識は100%だったので、
    人に顔を向けて歌えない(これは今も結構そう。苦笑)
    ボーカルセッションの日は最悪で、前の席のマダムたちに
    「あの子、可笑しいわね、歌も変だけど、
    まずなんで前向けないの?」
    (奥さん、聞えてますよ!)とかひそひそやられたりして、
    結構嫌な思い出も沢山あります。

    で、またノートに名前を書いて、銀行とか
    病院のように名前を呼ばれるのが、何とも恐怖だったのでした。
    (これは今も恐怖)

    ジャズって何だろう?とか、
    何故イントロは8なんだろう?
    とか、バラードは何故Bメロから歌わねば
    ならないのだろう?何故バラードを続けて歌っては
    いけないのだろう??
    とか、とか。
    いろんなことをお店のマスターや先輩に教えて
    いただく毎に、いろんな事が不思議でたまらなかったんだけれど。

    で、だんだんストレスも感じるようになって、行かなくなっちゃった
    んですけれどね。

    本来音楽って特に決まりなんてないんじゃないかな、、という
    持論は常にあり。

    ジャンルがどうとかこうとか。そういうのもない。
    ジャズって何?

    ただ音楽をやりたい!好き!色んな楽器、人とあわせてみたい!
    というそんな意思、意志だけもった人が集まる気楽でアットホームなセッション
    もあっていいんじゃないかな、、と思ったりするのです。

    そう、日曜日はクラシックのヴァイオリニストの方もいらしてくださり。
    (ピアノ下手ですいませんでした。。)
    凄く嬉しかったな!

    それがこの間の5/3のお楽しみ会や、今月から試みている
    kikiでのアフターセッションです。

    もっと色んな人、長年音楽を続けている人も、
    最近音楽を始めた人も。
    最近何か作曲を始めた人とか、
    変な編成とか。笑)
    鼻歌で歌作りました!とか。

    何でもあり!みたいなの。
    そういう自由で気楽な時間を作りたいのですよ。

    うん。
    まとまってる?
    まとまってない?


    宜しくお願い致します!



    【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

    comment

    comment form

    管理者のみ閲覧可能
    123
    Profile&News

    riquo

    Author:riquo
    THE TWIN PIANOS
    RIQUO×阿部紀彦

    このまま夢を見続けていてもいいんだろうか?
    はてしなくナチュラルで原始的(プリミティブ)な幻想曲(ファンタジー)
    永遠なる普遍と不変
    あなたとわたし
    LifeそしてLiveとは?

    SSW RIQUO (リコ)とジャズピアニスト阿部紀彦による2台ピアノユニット THE TWIN PIANOS待望の1stアルバム
    全曲歌詞カード付(ラストソングは自筆譜掲載)

    収録曲
    01.三四半世紀の天(そら) (2018)
    02.Spring 春(2015)
    03.ジラフィーノ(2008)
    04.AINOKATACHI(2013)
    05.カッチーニのアヴェマリア(1970頃)
    written by Vladimir Vavilov(arr,riquo)
    06.Heart Break Rag(2017)
    written by N.ABE
    07.A ço アソ(2009)
    written by M.SHIBUYA/riquo
    08.The Meaning Of Love(2009)
    09.あなたの空へ(2016)
    10.Good Night(2004)
    11.現在(いま) 同じ場所(2015)

    All songs written by RIQUO(Except 05,06,07)
    Performed byTHE TWIN PIANOS
    RIQUO, Vocal&Piano
    Norihiko Abe,Piano
    Guest musician Moriyoshi Shibuya, Woodbass (02,07,08)


    規格番号:KUUM-0001
    流通・販売:メタ カンパニー
    発売日:2020年2月2日(全国発売)
    税抜価格:2500円



    【The Twin Pianos 🎄🌠 Christmas Live】
    ●2020年12月20日(日)
    @チェチリア工房
    神奈川県中郡大磯町国府新宿744-8
    TEL:0463-71-7611
    http://scn-net.easymyweb.jp/member/cecillia/default.asp
    OPEN 13:30~ LIVE 14:00~ charge:2500
    出演::RIQUO(Vo,P) 阿部紀彦(P)



    RIQUO(リコ) 
    作曲、ピアノ、ボーカル
    お便り、ご苦情、ご意見は、下記メールフォームまで。簡単に送信できます

    Latest report
    きょうのおことば
     

    presented by.悲観的なピエロ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    カテゴリー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RIQUO's YouTube Channel
    楽曲の試聴ができます!
    QR
    ブログ内検索