FC2ブログ

    2019/09

    12345678910111213141516171819202122232425262728293031

    2019/11

    シアワセナルミコトバ

    先日、先輩ミュージシャンのライヴに行ったときの話。
    何をきっかけにそんな話になったかは定かではないんですが、
    例えばジャズ系のミュージシャンの場合、横のつながりが網の目のようで。
    自分の共演者が自分以外の音楽家と共演している場合、その音に興味があるか否か、
    とか、自分の曲や同じ曲を演奏する場合、何を感じるか・・・とかそんな話。

    その人は自分が(自分の共演者である)その人と音楽しているときが常に(自分にとっても相手にとっても)最高!と思える、演者が違えば、音楽は別物、私は自分と他人の比較を絶対しない!
    ・・・そんなことをおっしゃってられました。

    確かに。
    それほどの意気込みでないと、いろんな人と共演しながら
    音楽を確立させていくのってとても難しいです。

    私の場合、常に断固たる自分があって。つまりガンコものではありますが、
    一歩も二歩もひいて自分を冷静にみたりする癖があるのでした。

    例えば音楽的に惚れ込んでいるミュージシャンがいたとしても、
    自分と共演しているよりも、相手が自分以外の誰かだったりする方が、
    その人の音楽性がより輝いてみえる、とか可能性があるとか。

    また、こういうケースは自分でないこんな歌手がぴったりだとか。
    どうもこれは悲しいかな、職業病でしょうか。。。
    そして自分と自分でない誰かを物凄い比較してるんでしょうおねぇ。
    みみっちくて醜いですねぇ。

    そんなわけで、自分がこうしたい、誰かとこうありたい、という身勝手な妄想や願望は、
    思い廻らないことはないのですが、実践においてはかなり優先されなかったりするのでした。



    自分がそのとき共演している人が最高だ、と思っていつも演奏しているよ、って。

    とても美しく幸せな御言葉(みことば)と思います。

    私もそんなふうにいろんな人と音楽を通じて関わっていけたら嬉しい、
    これぞ本望、と思ったりもするのです。


    【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

    comment

    ジャズのミュージシャンの場合ジャズへの愛情を共有してる事が大きいんだよ。他の分野だとそうはいかないんだろうね。単純にジャズをもっと好きになると簡単なのにね。でもたまには簡単に考えてみるのもいいんじゃない。ジャズとたぬきをもっと好きになろうよ。きっと楽しいよ。

    たぬき|2009/08/05|edit
    Re: タイトルなし

    うーーん、、、、おっしゃってること、わからないでもないけど。
    でも音楽に対する捉え方、美学、価値観って人様々だからなぁ、、とも。
    単に「ジャズ」「すき」だけでは納まらない、あてはまらないこと(人)もあるしと思います。

    それから、
    たぬき兄さんに対する捉え方も人様々だし!!? こちらは余計?笑)
    コメントありがと!

    リコ|2009/08/05|edit

    comment form

    管理者のみ閲覧可能
    123
    Profile&News

    riquo

    Author:riquo
    【The Twin Pianos 🎄🌠 Christmas Live】
    ●2019年12月21日(日)
    @チェチリア工房
    神奈川県中郡大磯町国府新宿744-8
    TEL:0463-71-7611
    http://scn-net.easymyweb.jp/member/cecillia/default.asp
    LIVE 14:00~ charge 未定
    出演::RIQUO(Vo,P) 阿部紀彦(P)


    RIQUO(リコ) 
    作曲、ピアノ、ボーカル
    お便り、ご苦情、ご意見は、下記メールフォームまで。簡単に送信できます

    Latest report
    きょうのおことば
     

    presented by.悲観的なピエロ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    カテゴリー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RIQUO's NEWS
    QR
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    ブログ内検索