FC2ブログ

    2009/06

    12345678910111213141516171819202122232425262728293031

    2009/08


    top

    シアワセナルミコトバ

    先日、先輩ミュージシャンのライヴに行ったときの話。
    何をきっかけにそんな話になったかは定かではないんですが、
    例えばジャズ系のミュージシャンの場合、横のつながりが網の目のようで。
    自分の共演者が自分以外の音楽家と共演している場合、その音に興味があるか否か、
    とか、自分の曲や同じ曲を演奏する場合、何を感じるか・・・とかそんな話。

    その人は自分が(自分の共演者である)その人と音楽しているときが常に(自分にとっても相手にとっても)最高!と思える、演者が違えば、音楽は別物、私は自分と他人の比較を絶対しない!
    ・・・そんなことをおっしゃってられました。

    確かに。
    それほどの意気込みでないと、いろんな人と共演しながら
    音楽を確立させていくのってとても難しいです。

    私の場合、常に断固たる自分があって。つまりガンコものではありますが、
    一歩も二歩もひいて自分を冷静にみたりする癖があるのでした。

    例えば音楽的に惚れ込んでいるミュージシャンがいたとしても、
    自分と共演しているよりも、相手が自分以外の誰かだったりする方が、
    その人の音楽性がより輝いてみえる、とか可能性があるとか。

    また、こういうケースは自分でないこんな歌手がぴったりだとか。
    どうもこれは悲しいかな、職業病でしょうか。。。
    そして自分と自分でない誰かを物凄い比較してるんでしょうおねぇ。
    みみっちくて醜いですねぇ。

    そんなわけで、自分がこうしたい、誰かとこうありたい、という身勝手な妄想や願望は、
    思い廻らないことはないのですが、実践においてはかなり優先されなかったりするのでした。



    自分がそのとき共演している人が最高だ、と思っていつも演奏しているよ、って。

    とても美しく幸せな御言葉(みことば)と思います。

    私もそんなふうにいろんな人と音楽を通じて関わっていけたら嬉しい、
    これぞ本望、と思ったりもするのです。


    【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース


    top

    123
    Profile&News

    riquo

    Author:riquo
    THE TWIN PIANOS
    RIQUO×阿部紀彦

    このまま夢を見続けていてもいいんだろうか?
    はてしなくナチュラルで原始的(プリミティブ)な幻想曲(ファンタジー)
    永遠なる普遍と不変
    あなたとわたし
    LifeそしてLiveとは?

    SSW RIQUO (リコ)とジャズピアニスト阿部紀彦による2台ピアノユニット THE TWIN PIANOS待望の1stアルバム
    全曲歌詞カード付(ラストソングは自筆譜掲載)

    収録曲
    01.三四半世紀の天(そら) (2018)
    02.Spring 春(2015)
    03.ジラフィーノ(2008)
    04.AINOKATACHI(2013)
    05.カッチーニのアヴェマリア(1970頃)
    written by Vladimir Vavilov(arr,riquo)
    06.Heart Break Rag(2017)
    written by N.ABE
    07.A ço アソ(2009)
    written by M.SHIBUYA/riquo
    08.The Meaning Of Love(2009)
    09.あなたの空へ(2016)
    10.Good Night(2004)
    11.現在(いま) 同じ場所(2015)

    All songs written by RIQUO(Except 05,06,07)
    Performed byTHE TWIN PIANOS
    RIQUO, Vocal&Piano
    Norihiko Abe,Piano
    Guest musician Moriyoshi Shibuya, Woodbass (02,07,08)


    規格番号:KUUM-0001
    流通・販売:メタ カンパニー
    発売日:2020年2月2日(全国発売)
    税抜価格:2500円



    【The Twin Pianos 🎄🌠 Christmas Live】
    ●2020年12月20日(日)
    @チェチリア工房
    神奈川県中郡大磯町国府新宿744-8
    TEL:0463-71-7611
    http://scn-net.easymyweb.jp/member/cecillia/default.asp
    OPEN 13:30~ LIVE 14:00~ charge:2500
    出演::RIQUO(Vo,P) 阿部紀彦(P)



    RIQUO(リコ) 
    作曲、ピアノ、ボーカル
    お便り、ご苦情、ご意見は、下記メールフォームまで。簡単に送信できます

    Latest report
    きょうのおことば
     

    presented by.悲観的なピエロ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    カテゴリー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RIQUO's YouTube Channel
    楽曲の試聴ができます!
    QR
    ブログ内検索