FC2ブログ

    2019/07

    12345678910111213141516171819202122232425262728293031

    2019/09

    3月2日(金)は入谷なってるハウス 8時から!

    先日久しぶりにオフだったので、家に一日いて録っていただいていたDVDや録音、最近の録音まで聴いたり見たりして過ごしました。
    自分のフォルムとかほんと好きくないから、動画とか写真はとても苦手なのですが、とてもよくわかりますねw。ともう古代ジンのように最近はなっていますが、やはりDialogueシリーズは私すきなんだなあ、、と思いました。笑

    私のスキナモノは、悉く、例えば洋服のブランドでもデザイナーさんでも東京からなくなっていくなーと思うこと多々あります。それもたった2、3年で。あと、普段のお店でもリクエスト曲の大半は私の苦手な曲が多いですw。もちろんアレンジ次第では好きになれたりもします。まじょりてぃに子供の頃から馴染めなかった私は、とても苦しい思春期を過ごして、全てのバランスを欠いたりもしてしまったけど、それは今でも密に続いてるんだなーと思う。端的に言うと昔から人の好きなものが殆ど嫌いなんですよね。でもアムロちゃんがテレビに出始めた頃は凄く好きだったなあーと思うと、全てのものには全てが内包されているのであって、、、、結局はリリースの仕方やセンスなんだなーと思ったりもします。(もちろん根拠は必要ですが(-“-)

    前置きが長くなりましたが、この曲は9章(10曲)からなっていて、全部演奏したら45分かかってしまう。音が全部決まっている章もあるんだけど、その時に思いついた音、例え無音でもなんでも良いというフリーの部分もあって、かなり演者を選んでしまうところもあるけど、将来、歌もピアノももっと上手くなった自分の姿をいいように思い描いて、想像する笑。で、どんどん形も変われるし、変わるしそれは私や共演者(または私でない演者)の時間や心の変化や技術の変化、、いろいろな時、シチュエーションの音や内面が出るような曲だなあとつくづく思っています。だから多分面白いんです!いや、もしかしたら自分の英語や歌やぴやのが下手くそというのが根底にはあってもっとうまくなりたいから、都合よくこんな曲を作ったのかもしれません!三年くらい前一発だけど録音もしていただいて、マスタリングまでしてもらったんだけど、私はもっとうまくなれる気がしているからなかなか出せません。苦笑)(このお姫様の落書きはマスタリングしていただいてる最中、エンジニアさんの背後で描いたものw)
    この曲の最後の章を作って、果たして誰が一緒に演奏してくれるんだろう、、と途方に暮れていた時に、私の耳にふと飛び込んできたのが河崎純さんの音でした。彼のソロを聴いて、あ、この人なら、自然体でこの曲の世界に寄り添ってくれるんじゃないかと、勝手な妄想や確信を抱いてしまったのです。ほんと迷惑な話。で、河崎さんノロノロしてるこんな私に仕方なく、ほぼたぶん諦めの境地で付き合ってくれてるんだけど、やはり私はこの曲が好きだから、一生、例え誰からも望まれなくても自分が望む限りピアノのある場所があったら演奏したいなーと思っています。で、もっともっと上手く表現できるようになりたい!で、私より全然素晴らしく演奏できる人もいるかもしれないけど、これは単に上手く演奏できたらそれが正解!というのでもないもののような気もしています。自分にとても都合よく作ってあります。

    3月2日は久しぶりに演奏します。この曲の2/3章くらい。全章も近々やりたいなあと思っています。


    20180302.png
    地図


    ●2018年3月2日(金)
    @入谷なってるハウス

    東京都台東区松が谷4-1-8 1F
    Tel;03-3847-2113
    http://www.geocities.jp/knuttelhousekappabashi/
    OPEN 19:30~/LIVE START 20:00~
    MUSIC CHARGE 2000yen DRINK 400yen~
    出演RIQUO(Vo,P) 河崎純(Wb)

    河崎純⇒http://blog.goo.ne.jp/jk50654396
    9月に大きなコンサートがあるみたい。チェックしてみてください(^^)/
    音楽詩劇研究所⇒http://musicpoeticdrama.com/about.html





    CM:0edit

    【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

    The Dialogue of the Night



    The Dialogue of the Night

    It was long, long time ago, around the beginning of the 14th century and in a faraway country,
    and maybe resembled France as we know it today,
    or somewhere else.

    The princess was living alone in the small room on the top
    of the very high tower.
    The bugs were anxious about her living all by herself and flew into the room occasionally to see if she was fine.

    Although she disliked them, the ugly bugs when she was a child, as she grew up she became fond of them gradually.

    Years later, when she started to die off, it might have been only the bugs who were her friends.

    She loved the music so much and lived a life with her singing each and every time.




    It was a sacred song for life

    without words,
    without notes and
    without lyrics.

    She was living with speaking the words without sounds and believing only the world she could not see.


    When it was late at night every time,at night close to dawn,
    while flowers and bugs were deep in sleep,

    It came into the world.
    It is so small, secret and what nobody knows.
    The song.
    The music.



    CM:0edit

    【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

    The Dialogue of the Night ~夜の対話~

    The Dialogue of the Night Ⅰ~Ⅸ(完結編)<2007~11>
    ・・・・・・music & words by RIQUO

    Ⅰ章:prologue 
    おとぎ話の始まり。
    私たちのおとぎ話は今始まったばかり
    夜の対話と共に
    そこから私たちの夢は飛び立った
    静寂と深い海 そしてこの夜に

    Ⅱ章:私の心と夢想を静かな森に沈めよう
    あなたの言葉 そして想いを湖の奥深くに沈めよう
    沈めよう・・・海の底深く
    あなたを想って
    静かに

    Ⅲ章:虫や樹木たちとの会話
    森の中で夢想する。。。

    Ⅳ章:もし 私たちが(神の)恩恵を知っていたならば
    私たちは人生を疑うことなどなかったのに

    Ⅴ章:これは戦いの歌。
    私は魔女と戦うために行く
    この世の悲しみの全てを滅ぼすために
    無駄な抵抗をして傷つくくらいなら、死んだほうがまし
    そう、私は魔女と戦うために行く

    Ⅵ章:沈黙と雨

    Ⅶ章:ムダな愛。(2ブ構成~勇敢な気持ち、不安な微笑みと嘆き)
    手の届かない、叫びさえも届かない
    夜と暗闇から抜け出そう
    そこにはもう戻れないし
    あなたを愛することはやめたの


    Ⅷ章:偽りの心と真実の夢。
    あなたを探す夢で目が覚める
    私は愛を信じている
    あなたを愛する夢で目が覚める
    あなたの愛を信じている  

    Ⅸ章:epilogue 
    おとぎ話の終わり。終わりのない始まり。
    感情を「所有」する事は出来ない
    沈黙と愛を守り続ける
    夜の対話と共に
    ・・・・・・・・暗闇が夜明けに変わる頃
    あなたは私より(私と)親密だった

    私たちのおとぎ話は今始まったばかり
    そこから私たちの夢は飛び立った
    静寂と深い海 そしてこの夜に
    CM:0edit

    【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

    The Dialogue of the Night ~夜の対話~について(3)

    The Dialogue of the Night Ⅰ~Ⅸ(完結編)<2007~11>
    ・・・・・・music & words by RIQUO
    できました。4年かかりました。でも1曲を仕上げるのには1~2日でした。亀さんには失礼ですが、亀のようなペースでした。「14世紀初めのフランスに生きた、虫がお友達のひとりぼっちで塔に住んでいるお姫様が作った曲」。笑)よくよく考えるとこのお姫様に至るインスピレーションは、幼い頃大好きだったグリム童話「ラプンツェル」からきているような気がします。

    Ⅰ章:prologue 
    おとぎ話の始まり。
    私たちのおとぎ話は今始まったばかり
    夜の対話と共に
    そこから私たちの夢は飛び立った
    静寂と深い海 そしてこの夜に

    Ⅱ章:私の心と夢想を静かな森に沈めよう
    あなたの言葉 そして想いを湖の奥深くに沈めよう
    沈めよう・・・海の底深く
    あなたを想って
    静かに

    Ⅲ章:塔の上のティールームで独りお茶を飲むお姫さま。
    *一昨日演奏した曲は変更版です

    Ⅳ章:もし 私たちが(神の)恩恵を知っていたならば
    私たちは人生を疑うことなどなかったのに

    Ⅴ章:これは戦いの歌。
    私は魔女と戦うために行く
    この世の悲しみの全てを滅ぼすために
    無駄な抵抗をして傷つくくらいなら、死んだほうがまし
    そう、私は魔女と戦うために行く

    Ⅵ章:決闘。戦いの様子。心の中の私と私。

    Ⅶ章:ムダな愛。(2ブ構成~勇敢な気持ち、不安な微笑みと嘆き)
    手の届かない、叫びさえも届かない
    夜と暗闇から抜け出そう
    そこにはもう戻れないし
    あなたを愛することはやめたの


    Ⅷ章:偽りの心と真実の夢。
    あなたを探す夢で目が覚める
    私は愛を信じている
    あなたを愛する夢で目が覚める
    あなたの愛を信じている  

    Ⅸ章:epilogue 
    おとぎ話の終わり。終わりのない始まり。
    感情を「所有」する事は出来ない
    沈黙と愛を守り続ける
    夜の対話と共に
    ・・・・・・・・暗闇が夜明けに変わる頃
    あなたは私より(私と)親密だった

    私たちのおとぎ話は今始まったばかり
    そこから私たちの夢は飛び立った
    静寂と深い海 そしてこの夜に
    CM:0edit

    【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

    The Dialogue of the Night ~夜の対話~について(2)

    思えば今から13、4年前くらいから音楽を始めたのですが、
    当時は会社にも行っていて、土日は家に篭って打ち込み少女?!
    的な按配でした。パソコンとか最初は持ってなかったから、ヤマハのQY音源と古いシンセ、4トラックのレコーダーで作っていました。発音数に限界があるQYを2、3回に分けて打ち込み、トラックにトラックを重ねてオケを作ってから、ここはカラオケボックスか!の如くひとりで熱唱。笑)明日会社があって早起きせねばならないにもかかわらず、朝の4時くらいまでやっていた時期もありました。近所の人から苦情も来ました。苦笑)(ちゃんとおまんじゅう持って一軒一軒謝罪にいきましたけど)で、翌日は通勤途中、休み時間なんかにずっと自分の作った音源を聴いている、、、かなり変な人だったでしょうね。当時部下も何人かいて、みんなそう思っていたに違いない。社長からは「お前は宇宙人、何を考えてるのかさっぱりわからん」みたいな事を始終言われていました。幸い音楽や音声ドラマなんかの制作会社だったので、ぎりぎりいさせてもらえた感じでした。

    私と私の音楽との関係。当初は「私のための私だけが聴く音楽」だったのでした。そこには誰も介在しません。最初1年くらいは誰かに聴いてもらう、という発想も皆無でした。それまでの怖いくらい不思議で偶然な過去、人との関係とか情念とか。いろんな事を歌にしてみました。そうしなければならない辛さややるせない気持ちが当時の私には多分たくさんありました。だから今は怖すぎて聴けない、人には聴かせられない、勿論人前では歌えない、歌った事のない曲も何曲かあります。

    ここ数年オリジナル曲のライヴの他、ジャズとかポップスとかのライヴ、人のサポートもたまに、で今のBGMの仕事、、とこれまでに何百回と人前で演奏をしているけれど、(本当の意味で、精神的に)「私のための音楽、私の音楽」と思える事って色んな要素もあったりを考えるととても難しい事です。(まず普段のお店なんかはまずお客様ありき!ですから、まずそれはありえませんよ。当たり前ですが。でもこれ!っていう演奏が自分なりに出来た時はこの上ない幸福感あります)


    2月から始まるオリジナル曲だけのライヴ、夜の対話シリーズは、もしかしたら上述した、私と私の音楽の原点、「私のための私だけが聴く音楽」の延長線上にとても近いライヴです。

    私を見せ付ける事は、聴く人によってはこの上ない嫌悪を感じられるであろう可能性もあり、また傲慢で、ノンエンタテイメント、独りよがり、そんなふうに思われてしまうかもしれません。

    でもそれもこれもしょうがない事。私がこの世に存在している限り、その事実は拭えない。私はたぶんまだ死なないし、だから今後は、もし私が勘違いしてお誘いしても、このライヴに来れなくても仕方ありません。気にしないでください。ごめんなさい。ライヴをきっかけに私を嫌いになってしまう人もいると思う。でもそれは仕方のない事です。

    これは自己防御?・・・マイナスな事ばかり書いてしまいましたが、とことんマイナスがあるという事はとことんプラス、天にも昇天するかの如く幸せな未来もあるという事は計り知れませんのです。小さい私はそんな諸々、按じて、特に後者を念じ念じて、2月18日を初日に試みよう思っています。

    「あなたとわたし」、あるいは「わたしとわたし」「自分の中の自分と自分」、心と心の対話です。私は私自身、聴いてくださる方と、あるいは共演者と言葉を使わずに対話をする。これは音楽であるかのようにみせかけて、実はまるで音楽ではないかもしれません。ひっそりと、おひとりでは是非に。あ、初日のデートにはあまりオススメできませんよ。笑)でも大切な人、と一緒に聴いてもらえたら嬉しいかな。

    ・・・と私は今から「私のための音楽」に触れていただける未知なる皆様についての勝手な想像、妄想をせずにはいられません。舞台は私の家の「カラオケボックス」ではなく、「外苑前ジマジン」ですからして!




    【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

    123
    Profile&News

    riquo

    Author:riquo
    【〇ひなうゆじ 2019】 
    ●2019年9月28日(土) ☆お昼です!!
    @入谷なってるハウス
    東京都台東区松が谷4-1-8 1F
    Tel;03-3847-2113
    http://www.geocities.jp/knuttelhousekappabashi/
    OPEN 14:00~/LIVE START 14:30~
    MUSIC CHARGE 2000 DRINK 400~
    出演: 1st RIQUO(Vo,P)  スペシャルゲスト:フジヲ
     2nd 荻野都(P)藤井信雄 (Dr) スペシャルゲスト:利久男
    昨年も開催しました【〇ひなうゆじ】。今年もやります!
    荻野さんデュオと対バン!!私はオリジナル弾き語り。
    藤井さんとデュオ曲も2曲くらいやります!

    【My Favorite Songs】
    ●2019年9月28日(土)
    @日暮里 Bar porto  tel:03-3891-6444
    東京都荒川区東日暮里5-40-8
    http://barporto.cocolog-nifty.com/
    Live 20:00~/21:00~charge:2500
    (入れ替えなしです)
    出演:RIQUO(Vo) 田島拓(G)
    オリジナルやスタンダード、わたしの好きな歌を🎶

    【The Twin Pianos 🎄🌠 Christmas Live】
    ●2019年12月21日(日)
    @チェチリア工房
    神奈川県中郡大磯町国府新宿744-8
    TEL:0463-71-7611
    http://scn-net.easymyweb.jp/member/cecillia/default.asp
    LIVE 14:00~ charge 未定
    出演::RIQUO(Vo,P) 阿部紀彦(P)


    RIQUO(リコ) 
    作曲、ピアノ、ボーカル
    お便り、ご苦情、ご意見は、下記メールフォームまで。簡単に送信できます

    Latest report
    きょうのおことば
     

    presented by.悲観的なピエロ
    最近のトラックバック
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    FC2カウンター
    カテゴリー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RIQUO's NEWS
    QR
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    ブログ内検索